通訳サービス

同時通訳・逐次通訳 | アテンド、商談、製品発表、セミナーなど

| Home > 通訳サービス

GI Japanの通訳業務は、ビジネスのさまざまなシーンでお客様をスムーズにサポート

外国人の大事なお客様との商談、外国人が参加する会議、外国人が登壇する記者発表やセミナー、展示会や工場見学のアテンドなど、さまざまな場面で適任の通訳者をアサインし、お客様の目標達成をお助けします。

  • 逐次通訳(話者のお話を聞き取り、都度お話を中断していただき通訳を行う方法)
  • 同時通訳(話者のお話を聞きつつ同時に通訳を行う方法)

大きく分けて上記の二つの通訳手法がございます。あらかじめ当日の通訳方法を決定し、通訳者の人選や人数、必要な音声機材、その他綿密な準備の上で当日に臨みます。

上手な通訳手配のポイント

それぞれの通訳者は数多くの現場で実績を積んでいるプロフェッショナルですが、通訳を行う内容についてはお客様以上に詳しいことはありません。また通訳者がお客様に代わって言い換える言葉は、多数の訳語があるのが常で、その多数から最適な訳語を瞬時に判断しなければならない、極めてハードな業務です。

なるだけ円滑に品質の高い通訳業務を実施するために、そしてお客様のご満足をいただくためには、お客様のご協力が不可欠です。

ポイントは、

■資料のご準備が成功のカギ

例えばプレゼンテーションの場合は当日使用するスライド資料、商談の場合はこれまでの経緯や目的について理解の助けになる資料などをご用意ください。なるだけ早めのご準備をいただいています。直前(前日や当日)支給の場合は十分な下調べなどができず、通訳者がパフォーマンスを発揮できないなどのトラブルが生じる恐れがございます。

■ゆっくり落ち着いて、分かりやすい言葉で

例えば逐次通訳の場合は、数センテンスごとに区切ってお話しを止め通訳者が言い換える時間を頂戴しながら進みますが、最初はお話しになる方が慣れず、お話しを止め忘れて長く話してしまう場合がございます。また同時通訳の場合も、早口でお話しになると通訳しきれず、進行とお話しの内容がずれてしまうこともございます。十分にご留意ください。

■スケジュールは余裕を持って

通訳者が業務の後の時刻に別の業務をあらかじめ予定しており、延長をお引き受けできない場合がございます。特に繁忙期にはそのようなことがたびたび生じます。わずかでも延長の恐れがある場合には事前に(できればご発注の前に)その旨をお知らせください。